株式会社相建

株式会社 相建は産業廃棄物の収集運搬・中間処理・最終処分・リサイクル・建築工事までトータルにプロモーションしています

相建は優良産廃処理業者認定を取得しています

scroll down

NEWS&TOPICS

2024/07/17

お盆休みのご案内

READ MORE

2024/04/19

ゴールデンウィーク休業日のお知らせ

READ MORE

2024/03/21

豊田最終処分場の拡張工事に伴う許可証の変更について

READ MORE

2024/01/05

★SO HAPPY NEW YEAR 2024★

READ MORE

BACK NUMBER

OUR BUSINESS

わたしたちの行なう産業廃棄物中間処理とは

相建では、産業廃棄物の中間処理業務を行っています。
中間処理業務とはリサイクルの最終処理を行うために、破砕・粉砕・脱水・焼却・中和などを行うことをいいます。
また、これらの処理を行う施設を中間処理施設といいます。

リサイクル資源へと生まれ変わった「資源」はリサイクル業者に納入され、新たな資源へと活用されます。

  • 施設のご案内

    中間処理施設・最終処分施設の概要など
    相建が保有する施設の案内です

  • 許可証一覧

    収集運搬業・処分業許可証の公開

わたしたちの取組み

2000年に「循環型社会形成促進法」が制定され、リサイクル法が施行されました。
当社は、企業から発生した産業廃棄物を回収し、資源とエネルギーに再利用する中間処理工場で廃棄物の削減を行っております。

社会的責任、社会的貢献を果たすには、地球環境に配慮した中間処理作業を展開していくことが重要であると相建は考えます。
健康で安全な未来を確立するために、相建は努力を惜しみません。

  • Q&A

    お客様からお問合せの多い質問を掲載しました

  • OPEN DATA

    相建では、水質検査結果、
    処理実績等を公開しております

ABOUT US

環境を考え、地球にやさしい循環型社会を目指し取り組んでいます

創業以来、建設会社として、顧客の要求に応えることを第一に建設業を営んでまいりました。しかし、ものつくりの発展の裏側には莫大な量の産業廃棄物の存在があります。どの建設会社も、企業の発展とともに多量排出事業者となり、大きな環境破壊と隣り合わせで成長してきた背景があります。現在環境に対する関心も高まり、過去の大きな代償を行政が背負う……そんな時代が到来してしまいました。当社は創業以来、この問題を解決する手立てがないか考え、様々な情報を収集し研究を重ねてまいりました。そしてようやく建設業や各事業所における産業廃棄物のリサイクル促進をテーマに、独自のリサイクルプラントを立ち上げることができました。自社の利益だけでなく次世代のことを考え、ものつくりの企業としての責任と自覚を踏まえ、未来の為に地球環境を守る、これをテーマにこれからもさらなる努力と発展を続けます。

【経営理念】
当社はお客様との揺るぎ無い信頼関係を構築し顧客第一主義のサービスを提供する為に、法令順守を徹底します。
【経営方針】
弊社の独自性を活かし、質を求める顧客獲得と共にオンリーワン企業を目指します。
【人材育成の基本方針】
社員一人一人が弊社の独自性を活かし、その仕事にプライドが持てる様知識と技術を習得出来る環境造りに勤めます。
【目標】
技術や知識を習得する事は固より、その中での組織で培われる人間力を高め、仕事を通じ社員一人一人がやり甲斐を感じられる様な活動をしていきます。

環境に対する基本理念

当社は、産業廃棄物の収集・運搬・中間処分・埋立処分活動において、地球環境の保全に積極的に取り組み、改善を進めていくために以下の「環境方針」を制定します。

  • この環境方針にのっとり、環境目的及び環境目標を定め、継続的な改善活動を実施することによって、絶え間ない環境負荷の低減を図ります。
  • 環境関連の法規則、及びその他の環境に関する要望事項を遵守します。
  • 環境の汚染に対し、未然防止に努めます。
  • 以上の項目について優先して活動し、環境保全に取り組みます。
    また積極的な中間処分、リサイクルの推進に努めます。

OUTLINE

会社概要

社名
株式会社 相建
代表者
代表取締役社長 荒賀 剛志
創立
昭和58年4月
資本金
2,000万円
本社所在地
名古屋市東区東桜1丁目10-24栄大野ビル7階
TEL(052)973-0501/FAX(052)973-0502
犬山事業所
愛知県犬山市楽田山ノ田4-40
TEL(0568)69-5888/FAX(0568)68-3381
リサイクル促進センター
愛知県犬山市字樋池2-15
豊田最終処分場
愛知県豊田市篠原町石田苅21番始め24筆
事業内容
【建設事業部】
・一般建設業許可(般-30)第109125号
 土木工事業・建築工事業・とび土木工事業・造園工事業
・特定建設業許可(特-30)第109125号
 解体工事業
【環境事業部】
産業廃棄物処分業・産業廃棄物収集運搬業・特別管理産業廃棄物収集運搬業

HISTORY

会社沿革

昭和58年 4月
多田健二が相建興業を創立する
建設業 愛知県知事許可取得
平成3年 8月
有限会社相建興業として法人化
平成13年 12月
産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成14年 9月
資本金1,000万とし、株式会社相建に組織変更
平成17年 9月
多田純二が代表取締役に就任する
平成18年 2月
特別管理産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成18年 5月
愛知県 産業廃棄物処分業(中間処分)許可取得
平成18年 12月
産業廃棄物積替え保管施設(愛知県)許可取得
平成21年 1月
豊田市 産業廃棄物処分業(埋立処分)許可取得
平成21年 3月
廃石膏ボードリサイクル ㈱グリーンアローズ中部へ資本参加
平成25年 3月
リサイクル促進センター第二工場を開設
平成25年 4月
創業30周年を迎える
平成25年 10月
本社を名古屋市東区に移転
平成26年 7月
資本金を2,000万へ増資
平成26年 8月
豊田市 産業廃棄物処分業(埋立処分)増設許可取得
第二期受け入れを開始
平成26年 10月
荒賀剛志が代表取締役社長に就任する
平成30年 6月
豊田市 産業廃棄物処分業(埋立処分)増設許可取得
第三期受け入れを開始
令和4年 3月
豊田市 産業廃棄物処分業(埋立処分)増設許可取得
第四期受け入れを開始
令和4年 7月
エコアクション21取得
令和5年 2月
豊田市 産業廃棄物処分業(埋立処分)優良認定許可取得
令和5年 3月
愛知県 産業廃棄物収集運搬業 優良認定許可取得
令和5年 4月
愛知県 産業廃棄物処分業(中間処分)優良認定許可取得
創立40周年を迎える